Funny☆Cockatiel

オカメインコ・モンちゃんの生活記録

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンちゃんケガしてます

お久しぶりの更新です。
モンちゃん、性格が変わってきたのか、パニックを起こすようになりました。
困ったね~。

最初は年末。翼の羽が抜けてしまったものの、血は止まっていたのでそのまま様子見。
食欲は落ちたものの1ヶ月後には羽も生えてきて飛べるようになりました。

が、また夜中にまたパニック。違う部屋で寝てるから聞こえないのよね。。。
今度は血が止まってなかったので、病院へ。
傷が早くなおるからと羽を少し抜かれて、ひと針縫われてしまいました。
それが1月末。
先週の地震があったときも少し羽が抜けてたけど、そのときはそれほどひどくなかったな。

そして、今朝起きるとまた羽が抜けて血が散乱。
あ~、せっかく傷がなおってきたのに~。
前の傷をまたやってしまったみたいで、まだ少し血がにじんでいて、下にもポタっと落ちてました。
でも今日は病院は臨時休診。とりあえず電話はしてみたけど、明日連れて行くかな~。
元気はあるんだけど、動くとやっぱり痛いみたいです。
ほんと困ったな~。

体重はここ3ヶ月ぐらい90g代。ケガしてると食欲落ちるよね~。
最近、傷がなおってきて食欲が復活してきて体重が増えかけてたから、いいのか悪いのか。。。
パニック、1ヶ月ごとだもんな~。
夜中に常夜灯をつけてカバーも少しあけてちょっと明るくしてみようかな。

けがしたモン

なかなか飛べないね~、モンちゃん。


スポンサーサイト

あのね~!

モンちゃん、やっと一段落だと思いきや、
病院に行った翌日にピロピロと発情。
おまけに換羽も始まりました。

普通はさ~、換羽の時期には発情しないでしょ。
やっぱりホルモン異常なんだよね。
まあ、元気になった証拠だけど。
ストレスをかけようと、ケージのまわりにいろんな顔のあるものを置いていたら、すごーーく嫌なものがあったのか、エサをあまり食べず、体重が100gまで落ちました。
ダイエット成功…なのか?

仕方がないから、病院でホルモン剤と肝臓の薬を混ぜたものをもらってきました。「気が休まらないね~」と先生に言われつつ。
まったく、ちょっとは自覚したらどうなのよ~、モンちゃん!



一段落

モンちゃん、肝臓の薬もなくなったので、病院に行って来ました。
ダイエットの効果もあって、体重は110g前後をキープ。
元気もあるので、治療は終わりになりました。
なぜか詰まっていたはずの卵も消滅してるらしい。
よかったね~、モンちゃん。

心配だったカトルボーンの食べすぎ(ペレットが少ないせいかかじりまくっている)も1ヶ月に1個ぐらいならいいよ~とのこと。
あとは体重を110gまでにキープと発情阻止。
発情の兆候がみられたらまたホルモン剤を飲むことになりそうです。

このまましばらくダイエット。
低カロリーのペレットやソバの実、アマランサス、お野菜で、健康的な食事にします。
がんばろうね~。


モンちゃん闘病記

モンちゃん、5月末から体調を崩していました。
今はだいぶ元気になってきたので、忘れないうちに簡単に記録しておきます。


5月22日朝、モンちゃんのお腹がポッコリしているのに気づく。
24日になっても産卵の気配なし。息苦しそうにしていることもあった。


25日、卵詰まりかと思い、病院へ。
柔らかい卵が詰まっている疑いの為、一旦モンちゃんを病院に預け、バリウム飲んでレントゲン。
夕方迎えに行き、レントゲンを見て説明を受ける。
お腹の中になにか(殻のない卵か?)が詰まっていて、卵巣もかなり腫れている。
手術をして取り出せるが、モンちゃんのように持病のある鳥には手術にもかなりのリスクがある。
ホルモン剤を投与して、卵巣を小さくして様子をみるということもできるが、
そのまま発情してまた卵ができると肺などを圧迫する恐れがある。

…と先生と話をしているうちに、モンちゃん、レントゲンに写っていた前の卵の殻らしい小豆大の固まりを出す。
その固まりが卵管を塞いでいたため、卵を産めなかった可能性もあったので、その日は様子をみることに。
手術をするなら翌日の夜。それまで家族で相談。


26日、まだ卵は産まない。手術をしようか迷いながら病院へ。
モンちゃんはまだ普通の様子で元気なので(お腹はぽっこりしてるが)
とりあえずホルモン剤投与で様子をみることに。

そのまま1週間ほど、お腹はぽっこりで普段より動かないものの、元気な様子。発情はおさまる。


6月1日、夕方から元気がなくなり、食べたエサを吐き始める。
食欲はあるようで、食べるのだか、すぐに吐くの繰り返し。


2日、病院へ。お腹は小さくなってきているが、原因がはっきりしないので預けて、またバリウム飲んでレントゲン。

夕方迎えに行き、結果をきく。
ホルモン剤がよく効いて、卵巣は小さくなっている。
卵らしきものも吸収されたのか小さくなっている。
だが、肝臓がデコボコに写っていて、もともと肥満で肝臓が弱っていたところに薬を飲んだため、肝臓の機能が悪くなり、食べ物を受け付けなくなっている。
食べ物が通る道も細くなっている。
この状態では弱っていくし、卵管の手術もできないので、肝臓の薬と、栄養剤を投与して様子をみる。

まりちゃんも連れて行っていたのだが、相談して、モンちゃんを入院させることに。
翌日は休診日なんので、翌々日の夜に迎えにいくことにした。


6月4日夜、モンちゃんを迎えにいく。
エサも吐かなくなっていて、元気な様子。
入院中、薬と栄養剤の注射を3本打たれていた。
退院して、自宅療養。
水に混ぜた薬では、飲み過ぎることもあるため、
肝臓の薬、ホルモン剤を1週間スポイトで直接投与することに。
(モンちゃん、比較的大人しいのでなんとか飲ませる)


6月11日、病院へ。
まだ寝ていることが多いものの、だいぶ元気は出てきた。
何故かお腹もぺたんこで、卵らしき物は吸収されたと思われる。
「結果的には、慌てて手術しなくてよかったね」と先生。

100g代に減っていた体重も、よく食べるのでだんだん増えてきて110gぐらいに。
ホルモン剤の投与はやめて、肝臓の薬(水に溶く)を15日分もらう。
体重が増えると発情しやすくなるし、肝臓にも負担がかかるので、
100g代キープということで、ダイエット開始。
好きなペレットを減らし、野菜を多くして頑張ることに。


そして、今朝の体重114g。
昨晩は110gだったので、まだまだダイエットの道は続く。

でも、元気になってよかったね、モンちゃん。

たまご日記

すっかりたまご日記となってます。
モンちゃん、昨日、たまごを産んでました。
昼間にぽてっと。

たまごの殻はやっぱりやわらかめ。
どうも普通じゃないな~。
たまごを産む前は夜の体重は130g超え。
産んだあとでも120ぐらい。
確実にジャイアントオカメになってるな。。。

忘れたころに。。。

前回の記事からすでに2ヶ月経ってました^^;;
モンちゃん、元気ですが、相変わらず発情中。
春だから?頭の中は年中春?

夕方、「モンちゃんにおやつあげといて~」とまりちゃんに頼むと、
「たまごがある~!」
どうやら産み落としていたようです。
ちょっと割れてたって。

とりあえずにせ卵に交換して様子見です。
さぼってた体重測定、やらなきゃね~。
フンの状態はいつもと変わらず。
まだまだ産むのかな~

おめでたい?つづき

モンちゃん、元気にしています。
6日からお薬を飲み始め、ちょっとストレスもかけようと、
嫌いなカラフルおもちゃもケージにつりさげました。

2010.1.11-2

が、ましになったものの、発情はおさまっていません。
体重の推移です。

5日   産卵2個
6日   昼 104g  夜 104g(薬開始)
7日   朝 104g  夜 107g
8日   朝 105g  夜 115g ←急に体重増加
9日   朝 108g  夜 115g
10日  朝 110g  夜 118g

そして今朝、1個産んでました~sc06
今朝の体重104g。タマゴは5g。

2010.1.11-1たまご

左が購入した疑似卵、右がモンちゃんタマゴ。
似てないね~。。。。
今回のモン玉は殻が前回よりも固く、フンの出血もありませんでした。
昨晩はケージから出したら飛び回って落ち着きがなかったんだよな~。
前回産んだときもそんな感じでした。

モンちゃんの今朝の様子はいつもの通り。
タマゴを気にする様子もまるでなかったので、
モン玉は取って、疑似卵をケージの中に転がしてみました。

するとやっぱりカジって遊んでる~�G���������͂��Ă�������
割れない卵なので、とりあえずこのまま転がしておいて様子をみようと思います。
警戒心もなんにもないのか、モンちゃん?

2010.1.11-3

元気だからいいけどね~。


おめでたい?

あけましておめでとう!

2010-1

今年もよろしくね☆

2010-2

・・・な~んて、書こうとおもっていた昨日(5日)朝、
ゲージのカバーをあけてみると、

たまご1、2号

初たまご~!!!

いきなりでびっくり�r�b�N��
どうやら2個産んでたようで、1個目は殻ができてないやわらかいもの、
2個目は見た感じ普通のタマゴ。
モンちゃん、タマゴみつけるといきなりかじろうとしたので、
とりあえず取り除きました。
お正月休みから発情していたんだけど、実家に置いてたし、
タマゴを産む前の日は車で3時間ほどゆられて帰って来たし、
ストレスかかってたはずなのに~。やっぱりにぶいのか、モンちゃん?

モンちゃん、いつもと変わらず元気だったけど、
産卵後2、3回のフンに血が混じっていたので、
今日は病院に連れて行って来ました。

いつもの元気はあるけど、体重は104g。
モンちゃんにしては少なめ。
そして、タマゴを見せたところ、殻が普通のタマゴより薄いとのこと。
殻が薄いと、タマゴが詰まりやすく、とっても危ないらしいです。
1個目の緑のタマゴは、車で移動したせいかな~と言われました。

卵管は小さくなって来てるので、今回はこれで終わりかもしれないけど
出血していたということは卵管が傷ついていると思われるので
とりあえず薬で排卵をとめることになりました。
今朝もまだ発情してたし。。。。

タマゴが詰まるとフンがでないらしく、急に体重が5、6g増えて、
半日ぐらいフンがでなかったら危ないそうです。
だから、様子をしっかりみてなきゃね。

そんなこんなで新年早々、
おめでたいようなおめでたくないようなモンちゃんでした。

やってくれるわね~sc06

病院に行きました。

モンちゃん、今朝はちょっと元気になっていました。
でも、まだあまり食べてないようなので、念のため病院へ。
久しぶりで、先生に「大きくなったね~!」と言われました。
確かに、夏は90gぐらいだったもんね。病院で測ったら112gありました。これでもちょっと痩せたんだけど。
一通りの検査をしてもらっても特に異常なし。
昨日よりは元気がでてきたので、このまま保温して様子をみることにしました。
卵管も小さくなってきてるから、そろそろ発情も治まるだろうとの事。ちょっと太り気味なので、ひまわりは1日1個だそうですsc06

モンちゃん、相変わらずフンは水分が多いんだけど、これはやっぱり体質のようです。正常じゃないんだけどね。

元気のないモンちゃん

帰ってきてお疲れのモンちゃん。
ヒーターの前から離れないので、やっぱり調子が悪いみたいです。出してもほとんど飛ぼうとしないし。
人間でもそうだけど、暖かくしてゆっくりしてるしかないね。


元気になりました☆

モンちゃん、今朝はクイクイ元気に鳴いてました。
餌もつついてたし、やっといつもの調子に戻ったみたい。
よかった~sc02

念のため病院に行ってきました。
またちょっと目が赤くなってるけど、フンの検査はOKでした。
先生に「体重はほとんどかわってないけど、だいぶ肉付きがよくなったよ。」と言われ、一安心。
モンちゃんの体格では、体重は増えたとしても90gの後半ぐらいまでで、100g越えたら太りすぎだそうです。
今日も88gだったから、もう少し大きくなって欲しいなぁ。
目薬だけ、もう少し頑張ってさそうね~。

SHOP用のワイヤーの写真を撮ってたら、モンちゃん、カメラの前で邪魔しまくり。

カメラ目線

でも、かわいいから許す。

 | HOME |  »

Profile

Rankings

My other sites

Categories

Recent Comments

Recent Articles

Visitors

Archives

Links

RSSフィード

Recent TrackBacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。